SSブログ

世界水泳で金をとった早稲田大学の瀬戸大也 動画あり!!

スポンサードリンク




◇水泳の世界選手権最終日(4日、スペイン・バルセロナ) 


競泳男子400メートル個人メドレー 

瀬戸大也(JSS毛呂山)が4分8秒69で優勝


121ae2fc.jpg


バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形の順番で4泳法をこなす個人メドレーは、


持久力、パワー、技術のすべてが求められる種目。


バタフライと平泳ぎを得意とする瀬戸は、3種目めの平泳ぎでトップに立った。


最後の自由形ではいったん2番手に後退したものの、最後に抜き返した。


表彰台の中央に立った身長174センチの瀬戸は


「自分のレースができた。100点満点だと思う」と誇らしげに語った。






瀬戸大也は埼玉県毛呂山町出身。



5歳で水泳を始め、自宅近くにある「JSS毛呂山スイミングスクール」で鍛えた。



昨年のロンドン五輪の男子400メートル個人メドレーで



銅メダルに輝いた萩野とは同学年で、ジュニア時代からのライバルだった。

 

瀬戸にとって躍進のきっかけは、



昨年4月に行われたロンドン五輪の代表選考会だった。



直前の3月にインフルエンザにかかってしまったことも影響し、



代表落ちを喫した。



一方、初の五輪出場を果たした萩野は、



ロンドンで日本人高校生スイマーとしては56年ぶりとなるメダルをつかんだ。





世界水泳で金をとった早稲田大学の瀬戸大也 身長体重、彼女は?


個人メドレーのルール


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 話題のニュースをやっつける!! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます